商品価格は税抜きです。お買い上げ時に消費税が掛かります。

テクニックマスター 
    自然山通信DVD
    ストレート・オンDVD
クラシック 

New アキラ流 最強ハウツーエアターン
アキラ流 ゼロから始めるジャイアントウイリー

トライアルマジシャン小谷徹の「GET The TECH!!」Vol.1

小川友幸「セクション攻略の方程式」
やろうぜ! 3ヶ月で身につくトライアル
小川友幸の走破力アップ! ノーストップの極意
小川友幸の伝える力と逃がす力 魔法のトラクションコントロール
小川友幸の下りを極める

小川毅士の加重の使い分けで変わる快適ターン
小川毅士のサスの動かし方で変わるステアケースの掟
野崎史高のワールドチャンピオン・トークVOL.5
野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.4
野崎史高のワールドチャンピオン・トーク 3
黒山健一が説く トリッカーで、テッテー的にトライアル。PART2
野崎史高のワールドチャンピオン・トーク 2
日本のトライアルに電動バイクの風を送る
野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.1
黒山健一が説く トリッカーで、テッテー的にトライアル。PART1
小川毅士の前向きなバックを学ぶ
小川毅士のちょっと高度な万能マジックジャンプ
成田匠・TXT-PRO125 全日本SUGOを走る
小川毅士の豪快ステアケース分析教室 挑戦!ウイリージャンプ

小川毅士の軽快! フロントホップ
小川毅士のリアホップ絶対習得
小川毅士のウーポンでいくステアケース
黒山健一の基礎講座[後編]
黒山健一の上手になる練習方法
小川友幸のホッピングとサスセッティングの基礎
黒山健一の基礎講座[前編]
藤波貴久のライディングレッスン
小川友幸のイチからの二度ぶかし
小川友幸のオフキャンバーターンを克服せよ
小川友幸の合わせ技世界一 芸術テクニック講座 
黒山健一のフローティングターン
黒山健一のジャックナイフ
黒山健一のステアケース
黒山健一のダニエル
伊藤家のトライアル 入門編スタンディング道場
伊藤家のトライアル フロントアップ道場

スコットトライアル
ミック・アンドリュース トライアルス・チャンピオン
エンデューロ・クラシック

 

 
 

 

DVD アキラ流 最強ハウツー エアターン

収録58分

税抜 2,036円

 

アキラ流 最強ハウツー エアターン

憧れのデモンストレーションテクニックを目標に、楽しく遊びながらトライアルの基礎を学ぶ柴田アキラDVDシリーズ。今回のテーマは「エアターン」と「グランドエアターン」です。ここで重要なのな「イルカジャンプ(マジックジャンプ)」。イルカジャンプを身につけることで、エアターンの道が開けるだけでなく、トライアルテクニック、走破力が大幅に進歩します。かっこいいエアターンを目標に是非「イルカジャンプ」を習得してください。

キレッキレのデモンストレーションテクニックで人気、柴田アキラ選手の「エアターン」解説映像です。ジャンプと空中のヒネリを複合する高度なテクニックですが、手順の良い説明で、効率よくエアターンを覚えることができます。基礎的なジャンプと「イルカジャンプ(マジックジャンプ)」の違いを理解しながら、きっかけになる小さな段差を利用して効率よくマシンを跳ね上げる技術を習得しましょう。ここでも、柴田アキラシリーズのキーワード「つっぱる」が出てきます。いくつかのテクニックを複合することで、やがて「エアターン」のカタチができあがってきます。項目ひとつひとつを理解、体験していけば基礎的なトライアルテクニックが身につくでしょう。エアターンには実戦セクションに役立つ要素がたくさんあるのです

 

CONTENTS
◎発射台を使ってジャンプしてみよう
◎ゆっくりしゃがんで、伸び上がる
◎「イルカジャンプ」に挑戦します
◎イルカジャンプとエアターンの密接な関係
◎イルカジャンプの具体的練習方法
◎小さな段差を利用したジャンプ練習
◎ここでも「つっぱる」ことがポイント!
◎つっぱるとリヤが飛び上がる理由
◎「つっぱる」に加えてアクセルを開ける
◎「つっぱる」をイルカジャンプに利用する
◎練習しやすいキッカケの高さ
◎ライディングポジションを再確認する
◎次のステップ「フローティングターン」
◎フロティーングターンとイルカジャンプを合体する
◎今練習したエアターンは実戦で使えます
◎カッコよくスピーディーにターンできます
◎上級者のエアターンはこう使えるようになる
◎さらに高く大きなエアターンへの練習
◎キッカケ直前から急加速するのがポイント
◎エアターン練習・斜面バージョン
◎瞬間的エアターンのアクションとは
◎メニューを総合して「グランドエアターン」
◎その1/キッカケなしの平地イルカジャンプ
◎その2/平地でフローティングターン
◎その3/フローティングターンとイルカを重ねる
◎その4/急激な瞬間動作で距離を縮める
◎あえてサスを動かすことに触れなかった理由
◎リヤサスを沈めるかっこいいエアターン
◎ジャックナイフを利用する超上級エアターン

 

 

 

DVD アキラ流 ゼロから始めるジャイアントウイリー

収録85分

税抜 1,886円

 

アキラ流 ゼロから始めるジャイアントウイリー

フロントアップの基礎を学んで、カッコイイ魅せ技に挑戦! 一昔の前のフロントアップの方法とは、テクニックの覚え方、考え方がちょっと変わってきました。新時代のフロントアップを学べば憧れのジャイアンとウイリーも夢じゃない!

 

今回の自然山通信DVD計画は、誰もが憧れるデモンストレーションテクニックに着目しました。キレのある「魅せ技」を発揮する柴田選手に、デモ技、見せる テクニックについて解説をお願いしています。デモテクニック? あんなこと自分にはできない‥‥。危なくないですか‥‥? そう、いきなりあんなスゴ技をやりましょうとはいいません。魅せ技を目標としながら、トライアルの基礎を、楽しみながら学ぼうというのが今回の企画です。 第1弾のテーマは「ジャイアントウイリー」。柴田選手はまず、現代の軽いトライアルマシンの場合の、フロントアップの学び方から指導してくれます。近年の マシンの進化で、一昔のフロントアップの方法とは、テクニックの覚え方、考え方がちょっと変わってきているからです。軽さとエンジンのピックアップの良 さ、そしてクラッチ性能の良さ。現代のトライアルマシンにあるべきフロントアップは「つっぱったフォーム」である。体をウンショと大きく動かす必要はない と、柴田選手は説きます。新時代の練習方法を積み重ねていくことで、かっこいいジャイアントウイリーも夢ではありません。

CONTENTS
◎前輪が簡単に浮き上がるフォーム
◎ゆるい登り斜面でフロントアップ練習
◎斜面の頂上でフロントアップさせる
◎前輪が上がらないギリギリまで腰を引く
◎「つっぱった」状態が今回のテーマです!
◎背中を少しだけ丸めるようなイメージで
◎少しだけアクセルを開けてみましょう
◎前輪が上がればマシン操作が軽くなる
◎体を引くだけでステップを蹴っている
◎平地はキッカケ石を使って練習開始
◎極低速でコントロールするウイリー目指す
◎初期練習のギア選択について
◎フロントアップ直前、一瞬の減速が秘訣!
◎前輪が石に当たる感触を確認します
◎きっかけ石によって減速または止まる練習
◎きっかけ石で「減速の感覚」を覚える
◎次はクラッチありの操作をしてみましょう
◎まったくの平地でフロントアップする方法
◎きかっけのない平地で意識するべきこと
◎アクセルをちょっと長めに開けてみます
◎ヒザを使った「つっぱる動作」について補足
◎ウイリー中のリヤブレーキ操作の意味
◎ウイリーでの危険なリヤブレーキ操作
◎リヤブレーキの踏み方練習方法
◎リヤブレーキをかけた後、再び前輪を上げる
◎ウイリー走行中のステップ操作
◎長いウイリーはブレーキを使わない!?
◎ジャイアントウイリーをする前の心得
◎「座ったままフロントアップ」の基礎
◎「座ったままフロントアップ」を習得する
◎ジャイアントウイリーに挑戦!
◎ジャイアントウイリー中の視線は?
◎ジャイアントウイリーは3速です!

 

 

 

トライアルマジシャン小谷徹のGET The TECH!! ストレート・オンから販売

 

収録57分

税抜 2,777円

 

 

トライアルマジシャン小谷徹の「GET The TECH!!」

トライアルは技だ!
Vol.1/フロントアップと基本の段差越え5パターン

オートバイを自由自在に操る快感。それは、ライディングテクニックを習得すればするほど広がっていきます。
このDVDは、トライアル専門誌「ストレートオン」で連載されているトライアルテクニック解説企画「トライアルマジシャン小谷徹のGET The TECH!!」を映像化、さらに内容を詳しくバージョンアップしたものになっています。
テクニックは、オートバイを操る機械操作とライダー自身のボディアクションの組み合わせで成り立っています。習得には反復練習が必須ですが、上達にはいくつものコツ、押さえどころがあり、それらが解った瞬間に急に上達することもあります。そういうエッセンスを判りやすく伝えること、それがこのDVDの存在価値です。

 

トライアルランの醍醐味は、三次元ライディング。Vol.1では前輪を浮かせる!障害物を乗り越える!その基本を実戦的に解りやすく解説。「障害物を乗り越えるためのフロントリフトのやり方」ではじまり、「障害物を乗り越える5通りの基本テクニック」を判りやすく解説します。今までに無い編集手法の、ボディアクションの映像にシンクロした「クラッチワークのワイプ映像」を挿入、さらに解説と超スロー映像の組み合わせで「動き」がとても解りやすい、その上、それぞれのテクニックの応用編として「使い方例」まで収録されていて、その場でマンツーマン指導を受けている感覚になります。

 

CONTENTS
・段差越えのためのフロントアップの方法
・段差越えのテクニック5編 基本から応用まで
 1.ウイリー型(後輪を段差に当てに行く)
 2.アクセル二度吹かし(アクセル操作のみで)
 3.クラッチ二度ぶかし(クラッチ操作を利用)
 4.ウーポン(クラッチ操作+アクション)
 5.うさぎ跳び型(アクションで後輪を浮かせる)

 

 

自然山通信DVD  やろうぜ!3ヶ月で身につくトライアル

収録63分
税抜 1,800円

 

やろうぜ! 3ヶ月で身につくトライアル

"難しそう、怖そうだなあ"いえいえ、そんなことありません。トライアルは、誰にでも楽しめるモータースポーツです。トライアルの知識と、ちょっとの経験でオートバイ技術のスケールが驚くほど広がります。そして、ちょっとでもトライアルの楽しさを味わってしまうと、その先のもっと愉快で楽しい"トライアル"に魅せられてしまうのです。はじめの三ヶ月は、とても大切な時間。国際A級スーパークラス小川毅士選手に、解説してもらいました。

 

CONTENTS
◎ポジションのセッティング
トライアルマシンのポジショニング
レバー類のセット角度
レバーの遊び設定
ステップとブレーキペダルのセッティング
チェンジペダルの取付位置
2ストロークエンジンのガソリン混合比
チェーンの張りをチェック
トライアルマシン独自のタイヤ空気圧
前後サスペンションの動作バランス

◎ライディングポジション
基本フォーム「スタンディング」ポジションのとりかた
レバー類の操作方法
トライアル用ヘルメットを推奨する理由
トライアル用グローブのメリット
トライアル用ブーツの機能とは
トライアルウェアの特徴

◎トライアル初めの一歩
キックペダルによるエンジンのかかけ方
 
◎トライアル的自己採点
あなたの「トライアル度」チェックします
上手く行けたり失敗したり。楽しいレベル設定が大事

◎トライアル流・段差越え方法。これを覚えると世界が変わる!
トライアル的段差越え、アクセルは控えめに
アンダーガードを当てないトライアル流アクション
安全確保のため心がめるポイント
失敗の理由を自覚すること

◎トライアル流ターンを身につける
マシンを自分で「倒して行く」感覚で

◎ベーシックな登り斜面
登り斜面

◎凹みを越えて挙動を学ぶ
凹みを越えて挙動を学ぶ

◎初めてのフロントアップ
サスの動きを知るトライアル流フロントアップ

◎斜面の下り方
下りはクラッチを切りブレーキ性能を生かす

   

 

 

DVD 日本のトライアルに電動バイクの風を送る

本編85分

付録28分

TOTAL113分

 

税抜 2,096円

 

成田匠・日本のトライアルに電動バイクの風を送る

成田匠は、日本のトライアル界の先駆者だ。時にはそよそよと、時には激しく吹き荒れる逆風に立ち向かいながら、新時代のトライアルに挑んでいく。小さな排気量の4ストロークマシンでIAチャンピオンをとったときも、セルモーター装備のマシンでIA勝利を得たときも、成田のチャレンジスピリッツは健在だった。そして今、成田が全日本選手権の現場に愛車として持ち込んだのは、モーターで動力を出力する電動トライアルマシン、EM5.7。自身が輸入元となって販売しているまったく異次元のマシンを、全日本のIAセクションで走らせてみることになった。電動パワーユニットは、世界的に導入に向けて奨励されているが、しかしトライアルでは、まだレギュレーションの整備などが追いつかず、成田の参加もIA賞典外での参加となったのだが、はたして電動マシンと成田のコンビネーションは、いかなる結果を残すのか。トランスミッションもクラッチもない、パワーを制御するのは右手のアクセルグリップのみというシンプルな構造。音もなく、未来はするすると走り始めた。

<付録・国際A級スーパークラス・スペシャルセクション/28分>
北海道大会は、10セクション2ラップ。国際Aスーパークラスに限っては、この後2セクションによるSS(スペシャルセクション)が用意されました。11名のIASライダー、全員のトライをご紹介。トップライダーによる1日の勝負の、最後のクライマックスハイライトをどうぞ。

 

 

DVD 野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.1

収録58分
税抜 1,886円

 

野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.1

2002年ジュニアカップ世界チャンピオン、バイクトライアルでは2度の世界チャンピオンを獲得している野崎史高が、自身の成長期を振り返りながら、初歩のバイクトライアル、そしてオートバイのトライアルテクニックを語ります。ワールドチャンピオンを目指す人、ワールドチャンピオンに憧れる人、ほんのちょっとでもワールドチャンピオンの真似をしたい人、気分はワールドチャンピオンの人、それぞれのみなさんがそれぞれの思いで、野崎史高チャンピオン・ワールドをお楽しみください。

登場するマシンはモンティ218KamelJと、現在の愛車であるヤマハTYS250F。それぞれの走り方、それぞれのテクニックを存分に披露してくれています。

CONTENTS
◎自転車を始めるにあたって
◎自転車の第一歩〜セクションっぽい設定から
◎ブレーキレバーの操作の指使い
◎ライディングポジションと利き足
◎ペダリングの基礎を身につける
◎自転車で身につけるスタンディングがどう生きてくるか
◎ちょっとのコツが世界を広げる自転車のフロントアップ
◎自転車から生まれたトライアル独特の操作。カニ歩き
◎ペダルを引っ掛けて休憩する感覚を覚える
◎アンダーガードの位置感覚も自転車で身につけたもの

 

 

DVD 野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.2

収録44分

税抜 1,886円

野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.2

==ポッピング講座 点で結ぶ走行ライン==

2002年ジュニアカップ世界チャンピオン野崎史高が語る、最新型トライアルテクニック。自転車による手軽なテクニック習得法ともあいまって、見る者のトライアルスキルを向上させることうけあい! 自転車とオートバイ、ふたつの世界タイトルを獲得した野崎史高ならではの視点で、トライアルテクニックを追求します。野崎史高チャンピオン・ワールド、あなたもぜひ仲間入りをしてください。

自転車とオートバイの関係、それはまったく別個のものでありながら、車の両輪のようにお互いに刺激をしあう立場でもあります。2002年ジュニア世界チャンピオンの野崎史高も、オートバイに乗れない小さな少年時代には自転車で腕を磨き、やがてオートバイでその才能を開花させました。一方現代では、日常が忙しくてオートバイでの練習時間がとれないトライアルライダーも増えています。そんな多忙ライダーにこそ、野崎史高スタイルを提唱します。マシンを確実に安定させ、思った通りの位置に両輪を置いていく。ウルトラ級のテクニックも、こうした地道なテクニックの積み重ねから。2002年ジュニアカップ世界選手権チャンピオンにして、バイクトライアルでは2回のプッシンクラスチャンピオン獲得の野崎史高選手。小技のきいたテクニックの源である自転車時代のトレーニング方法と合わせて、解説してくれています。

CONTENTS

●Chapter 1 点で結ぶ走行ラインその起源は自転車にあり
◎「前輪を振る」技術でより正確になった自転車の経験
◎フロントホップとリヤホップ、ブレーキ操作の違いに注意!
◎振りのテクニックを応用して楽に段差を登っていいく方法
◎ホイールベースの距離感覚で点と点のラインを組み立てる
◎自分の得意パターンに合わせて走行ラインを選ぶ
◎登り斜面は技量によって走行ラインと方法を選ぶ
◎ステアケースのアプローチ「ケニチ」

●Chapter 2 フロントホップとリヤホップ、オートバイ実戦編
◎オートバイの前後輪振りは自転車テクニックの応用発展型
◎その前に、スタンディングのおさらいです
◎オートバイのリヤホップをやってみよう
◎オートバイのフロントホップはクラッチワークが要
◎振り子のようにフロントとリヤを交互にコントロールする
◎ガレージでできる前後同時ホッピングの裏技練習

 

 

DVD 野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.3 ==ダニエル道==

収録56分

税抜 1,886円

野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.3

==ダニエル道==

今回のお題目は「ダニエル」。自転車ではもちろん、最近ではオートバイでもトップクラスでは当然の技になりつつあります。自転車トライアルから生まれたテクニックであるがゆえ、自転車とオートバイと組み合わせて解説を進めます。それぞれの共通項目、それぞれの上達方法をきっちりおさえてトレーニングすれば、あこがれのダニエルを習得する日も遠くない。近い将来の華麗なテクニック披露を夢見て、野崎史高チャンピオン・ワールドをご満喫ください。

2002年、初めて世界一のタイトルを獲得した日本人トライアルライダー、野崎史高。その野崎がバイクトライアル(自転車)で世界チャンピオンを獲得したとき、ライバルに対して優位に立ったのが、ダニエル技を自分のものとしてそのトライに活用していたから。野崎がバイクトライアル世界選手権に参戦した時代は、大人はもちろん、子どももダニエルが当然のように要求され始めた頃でした。そしてオートバイのトライアルでも、野崎が世界へ出ていった時代に、ダニエルが積極的にトライに活用され始めていたのです。野崎はダニエル時代の申し子として、世界タイトルを獲得していった。今回はモンティ218KamelJと、いつもの愛車ヤマハTYS250Fを操って、華麗なダニエル技を解説します。野崎ワールドの根源のダニエル。あこがれのスーパーテクニックを、あなたもぜひ体感して、習得し、いつの日か実戦に応用し、世界タイトルを獲得してください。夢は大きく見たほうが勝ち!

CHAPTER 1
ダニエル道場

◎自転車のダニエルの仕組みを理解し体験する
◎空中でリヤブレーキをかけて後輪ロックで着地
◎自転車では、常に前ブレーキレバーに指をかけておく
◎バイクの傾斜角度とペダル位置に悩むおじさん達
◎フロントアップは、腰を引くイメージで
◎それでも、まだダニエル感覚をつかめない人のために
◎自転車の姿勢変化を観察してください。そしてオートバイのダニエルへ!
◎さて、いよいよオートバイでダニエルです
◎車体傾斜角度の変化がダニエルの重要点
◎「点」を作り出しているのはリヤブレーキだったのです
◎ダニエル飛距離のコントロール方法
◎ダニエルのギヤ選び
◎飛距離をかせぐ時は、フロントを低い位置から高く振り上げて飛ぶ

CHAPTER 2
下りのためのフロント浮遊感覚

◎自転車とオートバイ、下り方の考察
◎タイヤと地表のグリップ状態を感じながら走る
◎自転車の「飛び降り」がオートバイの下りに役立っている
◎フロントを沿わせて段差を下す場合・自転車編
◎ダニエルができる人の段差の降り方
◎ダニエルによる飛び石
◎ダニエルを使わなくても高い段差を降りられる
◎自転車で得た空中前後バランスをオートバイに生かすことができる
◎「リベラ降り」というテクニックもあります

 

 

 

野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.4/基礎トライアル劇場

収録66分

税抜 1,886円

 

野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.4

==基礎トライアル劇場==

基礎トライアル劇場 2002年ジュニアカップ世界チャンピオン野崎史高が、自転車のトライアルライダーだった時代からオートバイのトップライダーとなっていった道のりをたどりつつ、チャンピオンへの道筋を示してくれるこのシリーズ。今回は、基本姿勢、ターン、ステアケースと、トライアルの初歩のテクニックを、しっかり学んでみようと思います。野崎選手のフミ・スタイルが、あなたのライディングを、きっと変えてくれるにちがいありません。

2002年、初めてオートバイで世界一になった日本人トライアルライダーが野崎史高。野崎選手がタイトルを獲得したのは、20歳以下のライダーが将来を賭してしのぎを削るジュニアカップ世界選手権でした。野崎選手は第3代のジュニアチャンピオンですが、初代チャンピオンはアダム・ラガ、その後も世界選手権で活躍することになるトップライダーを続々輩出しているのがジュニア選手権です。その野崎選手の伝授するトライアルテクニック。基本姿勢に始まり、セッティングについて。そして平地のターンでトライアルテクニックが始まります。ステアケースでは基本の二度ぶかしから、抜重を加えた二度ぶかし、さらにアクション技の飛びつきステアケースと、テクニックのバリエーションは広がっていきます。最後には斜面での高度なターンテクニックとダニエルの使い方まで。バイクトライアルでもワールドチャンピオンを2度獲得している、野崎選手ならではの繊細かつ大胆なトライアル感覚、そしてトライアルの難しさ、奥深さを、じっくりと解説してくれます。野崎史高のチャンピオン・ワールドはじまりです。

 

CONTENTS

●Chapter1 乗車姿勢
◎ライディングポジションの作り方
◎レバー操作について
◎ステップに置いた両足の操作と動作について
◎目線の向け方で姿勢が変わってくるので注意
◎NOZAKI流ハンドルまわりセッティング

●Chapter2 基本のターン
◎基本のターン
◎サスペンションセッティングの目安

●Chapter3 ステアケース劇場
◎ステアケース劇場
◎フロントタイヤを狙った場所へ持ち上げる
◎オーソドックスな「二度ぶかし」から
◎◎二度ぶかし・抜重バージョン
後輪が跳ね上がってしまう一度ぶかしのパターン
◎ちょっと高度な飛びつき(ウイリージャンプ)
◎下部がえぐれている段差の越え方
◎下部がえぐれている段差の越え方・飛びつき
◎飛びつき以外では不可能な段差形状

●Chapter4 斜面のターン
◎登りのターンの法則と背景
◎キャバ−ターンのステップ荷重について
◎斜面を曲がりながら下る
◎下りのターンでフロントと同じラインに後輪を入れた場合
◎登りターンの先にステアケースがある場合

●Chapter5 登り斜面で効果を発揮するダニエル
◎ダニエルが登り坂で威力を発揮する

 

 

野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.5/  成果を上げる練習方法とノンストップ走破力向上講座

収録75分

税抜 1,886円

 

野崎史高のワールドチャンピオン・トーク VOL.5

==成果を上げる練習方法とノンストップ走破力向上講座==

バイクトライアル(自転車)でトライアルを始め、50ccから250cc、国内から世界へとはばたいた野崎史高の練習場をのぞいてみませんか。想像を絶する難セクションでの練習ですが、練習の組立方法や考え方は、上級者のあなたにも、初心者のあなたにも、きっと参考になることでしょう。野崎選手とて、最初は初心者。みんな出発点は同じです。ワールドチャンピオンへの道を振り返りながら、効果的な練習方法を紹介。ノンストップルールのメリットについても、考察していきます。

全日本選手権のトップライダーとして活躍中の野崎史高。試合中はいつも中山浩マインダーがアシスタントとしてついています。でも野崎選手とて、毎日いつでもマインダーといっしょに練習しているわけではありません。マインダーのいる練習方法、いない練習方法、どう組み立てればいいでしょうか。さらに野崎選手、世界を走っていた頃は、停止1点のノンストップルールで走っていました。今の停止5点のノンストップルールとは少しルールはちがいますが、野崎選手のトップライダーとしてのルーツはノンストップルールにありました。ストップルールとノンストップルールでの練習方法。そこにどんなちがいを求めたらいいでしょうか。選手権などを戦うことになると、セクションの走破タイムも課題になります。持ち時間をきっちり使って走るには、どんな練習をしたらいいだろう。そのうえで、セクションを走破する細かいテクニック、大胆なテクニックを学びます。あなたも野崎ワールドに、ようこそ!

<CONTENTS>
◎普段の練習用セクションの作り方
◎時間内に走りきるセクション作りをしてみよう
◎マインダーがいる練習といない練習はラインが違う
◎易しいポイントこそ大事に丁寧に走る
◎自然の地形を生かしたセクション全体の流れを練習します
◎練習で目指すことは減点ゼロ「クリーン」
◎ライダーとマインダーの信頼関係
◎分析!斜めに傾いた面から急発進することの考察
◎セクション内で休憩する方法を考える
◎ノンストップルールにはメリットがある
◎ノンストップルールの練習をしてみよう
◎早めに先を読んで行くノンストップルールの攻略法
◎ストップとノンストップの走り方を同じセクションで比較する

 

 

DVD 黒山健一が説く トリッカーで、テッテー的にトライアル。PART1 PART1

収録78分

税抜 2,096円

黒山健一が説く トリッカーで、テッテー的にトライアル。PART 1

トライアルは楽しいモータースポーツ。でも専用マシンを用意しないとできないとなると、とっつきが悪いです。ならば、やらせてもらおうトリッカー。オフロードマシンでどんなトライアル遊びをしたらいいのか、11回の(2012年現在。記録更新予定)全日本チャンピオン黒山健一選手に教えを乞いました。これをお手本に、いろんな人がトライアル遊びに挑戦してみてもらえると、うれしいです。
さぁ、テーテー的にトライアル、ヤッテミッカー!

PART1 CONTENTS
◎トライアルをご存知ですか?
◎トライアルのための乗車姿勢
◎クラッチレバーの操作方法
◎フロントブレーキの操作方法
◎トライアル的アクセルの握り方
◎トライアル的レバーの角度
◎トライアル的リヤブレーキペダルの位置
◎走り出す前に行う大事なこと
◎足を出さないターン。着座姿勢からスタート
◎スタンディングフォームでターンしましょう
◎実践!8の字ターン
◎登り斜面に挑戦
◎登り方を楽しみながら技術を深める
◎基本を身につければ下りは怖くない
◎下りのブレーキングを考察します
◎リヤブレーキとクラッチの密接な関係
◎自由に、あのへんトライアルを楽しもう
◎集中モードになることが大事です
◎セクションをアレンジしてレベルアップ

◎今回の教材は、ヤマハ・トリッカーを、トライアルがより楽しく走れるようにモディファイ。タイヤをトライアルタイヤに。ギヤレシオはフロント13T、リヤ50Tとして、ツーリングとトライアル使用の両立を実現。ハンドル切れ角をわずかに増大させ、ステップ装着位置も本の少し後方に移動、フロントのコントロール性を向上させている。

◎黒山健一プロフィール
黒山健一(くろやまけんいち)。9歳の時に自転車トライアルで世界チャンピオンに。以後、オートバイの世界選手権に挑戦、4回の優勝記録を持つ。全日本では96年に初めてのタイトルを獲得。以後、11回にわたって全日本チャンピオンとなる。2012年現在の記録だが、これはMFJのあらゆるカテゴリーの中でも記録中の記録となっている。

 

 

DVD 黒山健一が説く トリッカーで、テッテー的にトライアル。PART1 PART2

収録60分

税抜 2,096円

 

黒山健一が説く トリッカーで、テッテー的にトライアル。PART2

トライアルバイクでトライアルはあたり前。基礎中の基礎を学んだパート1の続編です。ヤマハトリッカー(モディファイ版)でトライアルやってみましょう。基本中の基本から、少しだけトライアルらしいことにも進出してみます。トリッカーでも、乗る人が乗ればすごいことができます。なせばなる。そしてできることから一歩ずつ、がんばってください。コツやタイミングが必要なフロントアップテクニックがなくても、充分に楽しめるトライアル。そんなメニューをずらりと用意しました。ちょっとした広場で、どんなふうに練習したらいいのかというヒントも教えてもらいました。さぁ、テーテー的にトライアル、ヤッテミッカー。

PART1 CONTENTS
◎段差越えにチャレンジ
◎トライアル総技術キャンバーターン
◎キャンバーターンの極意を解説
◎キャンバーターンの乗車姿勢
◎一発勝負。走行ライン把握するべし
◎ステップへの加重のかけかた
◎怖い? ならば大きなターンから克服
◎オフキャンバーターンにレッツトライ!
◎クラッチ操作の基本は1本ですが‥‥‥
◎それでも1本操作をススメる理由
◎オフキャンバーターンの失敗例
◎オフキャンバーターン最後のまとめ
◎今回のメニューでセクション作り
◎黒山先生のライディングを拝見!

◎今回の教材は、ヤマハ・トリッカーを、トライアルがより楽しく走れるようにモディファイ。タイヤをトライアルタイヤに。ギヤレシオはフロント13T、リヤ50Tとして、ツーリングとトライアル使用の両立を実現。ハンドル切れ角をわずかに増大させ、ステップ装着位置も本の少し後方に移動、フロントのコントロール性を向上させている。

 

 

成田匠・TXT-PRO125 全日本SUGOを走る

収録109分

税抜 2,096円

 

成田匠・TXT-PRO125 全日本SUGOを走る

全日本選手権最終戦、成田匠が、日本に入荷したばかりの、新車のガスガスTXT Pro125で参戦。自身の戦いぶりを、本人が生中継!

2012年10月28日、宮城県スポーツランドSUGO。国際A級ゼッケン47は成田匠。しかしそのマシンは、今シーズン見慣れたガスガスランドネではなく、2ストロークの125ccだった。強豪ぞろいのこのクラスで、ベテラン成田はどんな戦いっぷりを見せてくれるのか。12セクション2ラップ、全セクションに密着した。

2012年、成田匠はガスガス・ランドネで全日本選手権国際A級に参戦していた。セルモーター始動の入門用カテゴリーに属するランドネをボアアップ、IAセクションをなんとか走れるようにチューニングしての挑戦だった。開幕戦はセクションづくりで欠場したが、第2戦からは連続出場、山口県フィールド幸楽トライアルパークでの第5戦中国大会では、ついにこのクラスでの勝利を得た。その2週間後、中部大会では2連勝なるかの期待の中、なんとエンジントラブルによるリタイヤとなってしまった。残るは最終戦、東北大会。ここで成田匠は、マシンをランドネからTXTPro125にスイッチした。2ストローク125ccマシンは、成田が若年層ライダーのトレーニングマシンとして推奨してもいる。自身が全日本選手権に参戦することで、多くのライダーに125ccトライアルの手本を示せればという成田の思いが、ここで実現した。マシンは、日本に届いたばかりの2013年モデル。前日の練習中に転倒し、足を強打してしまった成田だが、日曜日は笑顔でスタートに臨んだ。

<付録・国際A級スーパークラス・スペシャルセクション>

最終戦東北大会は、12セクション2ラップ。国際Aスーパークラスに限っては、この後2セクションによるSS(スペシャルセクション)が用意されました。10名のIASライダー、全員のトライをご紹介。トップライダーによる1日の勝負の、最後のクライマックスハイライトをどうぞ

 

 

黒山健一の基礎講座[前編]

収録55分

税抜 1,886円

黒山健一の基礎講座[前編]

無敵のトライアル全日本チャンピオン黒山健一が贈る、基礎からの楽しいトライアルテクニック講座。その前編。千里の道も一歩から。これからトライアルを始 めようという人、基礎からトライアルをやりなおしてみたい人、ちっともうまくならなくて悩んでしまっている人。世の中によくいる、そんなあなたのための教 科書DVDです。黒山健一の持っているテクニックの、基礎の基礎の部分を、独特の話術とともにぐびぐび吸収していただこうというのが、この1本。オレンジ 色に輝くTY125-4Tを手に入れて、これからのトライアル上達に夢をふくらませるみなさんにはピッタリ。もちろんその他のマシンに乗ってるみなさん や、すでにトライアルを楽しんでいる人も、ごいっしょに!

基礎のトライアルテクニック講座を前編と後編に分けて解説します。

[前編] <CONTENTS>  
◎トライアルマシンというカタチ
◎トライアルマシンの乗車姿勢
◎スタンディングスティル
◎ゆっくり走りながらターンしてみよう
◎ヒジが曲がらないように
◎徐々にターンを小さくしてゆく
◎ターンの内側に荷重をかける
◎外側の足を上げてみよう ハイッ!
◎内もも でマシンを支える
◎リズミカルな重心の移動で切り返す
◎レバー操作方法
◎アクセルの握り方が重要ポイント
◎リヤブレーキのポジション
◎ステップに立つのは土踏まず? つま先?
◎実習・平地のターン
◎ウイリーへの道
◎真っすぐに走ることがウイリーの基本
◎シートに座ったまま思い切りクラッチミート
◎立ったフォームでウイリー

 

黒山健一の基礎講座[後編]

収録73分

税抜 1,886円

 

黒山健一の基礎講座[後編]


基礎講座[後編]も内容盛り沢山です。オレンジ色の新生スコルパTY125-4Tを教材に、黒山健一先生が一から百まで、こってりと教えます。登って下っ て、岩を越える。そして下った曲がってまた登る。トライアルのむずかしいところ、じっくりきっちり解説していただきました。アクセルの使い方、ブレーキの 使い方、ハンドル操作。トライアルに必要ないろんなこと、黒山健一トークマジックにのせて、あなたの中にするりとインストールされることでしょう。初心者 の皆さん、スコルパTY125-4Tをお乗りの皆さん、そしてその他のマシンに乗ってる、あらゆるトライアル愛好者の皆さん、ごいっしょに!

基礎のトライアルテクニック講座を前編と後編に分けて解説します。

<CONTENTS>

◎上り坂の基本テクニック
◎一気に駆け上がりましょう!
◎アクセルは頂上まで開ける気持ちで
◎アクセルをゆっくり閉じる
◎登り斜面の体の動き
◎上半身とお尻を前に!
◎あえて試してみる悪い例
◎登り2つのポイントのおさらい
◎有効技。登りの途中から登る方法
◎斜面の途中停止から再スタート
◎登り斜面から再スタートする難しさ
◎大切なのは登りきるぞという気持ち
◎再スタートのりリヤブレーキ操作
◎坂道発進パート2・実戦編
◎下り斜面は慎重に大胆に
◎下りはまっすぐ、ハンドルもまっすぐ
◎下りは後ろに重心をかける
◎3つのブレーキを使い分ける
◎エンジンブレーキを有効に使う
◎下りはじめが要注意ポイント
◎前ブレーキはゆっくりやさしく
◎後ブレーキは補助的な役割
◎ブレーキ、かけすぎ注意!
◎後輪ロックの時はクラッチを切る
◎ステアケースは岩と人間の戦い!
◎フロントアップは必須事項
◎大きく分けて2種類の越え方
◎フロントタイヤを上げ始める位置
◎動作開始と前輪が浮き始める位置は違う
◎2度ぶかしと1度ぶかしのお話
◎1度ぶかしの2パターン
◎1度ぶかし/フロントを当てない
◎登った直後に腰を引く理由
◎1度ぶかし/フロントを当てる
◎1度ぶかし/前輪当てる場合の前輪操作
◎オートバイを立てる!その意味
◎ステアを制する者トライアルを制する
◎キャンバーターンに挑戦
◎キャバーターンも外側ステップに荷重
◎難しく奥が深いオフキャンバーターン

 

トライアル百科 黒山健一の上手になる練習方法

収録42分

税抜 1,886円

 

黒山健一の上手になる練習方法

やみくもに練習してうまくなれる場合がないわけではありません。しかしやみくもに練習して、迷路に迷い込んだり、回り道をしたりする人も少なくありませ ん。なんのために練習するのか、練習するときの注意点をどんなところに置けばいいのか。黒山先生の着眼点、考え方、発想を盗んで、上達スピードをアップさ せてください。セクションの作り方、できたセクションの手直しのしかたも、ぜひ参考にしてください。トライアルがうまくなるための練習から、練習が楽しく なる練習へ。あなたのトライアル、変えてみましょう、変えてください!

<CONTENTS>

◎セクションを設定してライン規制を
◎セクションを作ってみよう
◎セクションを練習するための心構え
◎実践的な下見方法の例
◎基本セクションをアレンジしていく
◎各操作系の動きを自分のものにする
◎ホイルベースを知っておくこと
◎内輪差とトライアル的ラインどり
◎アンダーガードの高さを知り尽くせ!
◎自分からアンダーガードを当てに行く亀のテクニック
◎セクションを作るか、単発ものを攻略するか
◎易しいセクションか、難しいセクションか
◎黒山健一の思う必要な練習方法について
◎試合が本番。安定性を求めること
◎新しい技への挑戦
◎人のライディングを見て、盗みとろう
◎一発勝負であるトライアルの特殊性
◎その日の自分の調子を見きわめる
◎全日本、地方選手権の見方が変わってくる

小川毅士の加重の使い分けで変わる快適ターン

トライアルの極意、そして永遠ともいえるテーマがターンテクニック。ぐるっと回ればそれでターンは完成ですが、簡単に言えてしまうのとは正反対に、奥が深くてむずかしい。これに悩んでいるトライアル入門者は数多いと思います。そしてまた、悩んだままトライアルを続けている人も少なくないのではないでしょうか。お助けしましょう。これでターンが決まります。

トライアルテクニックについて、深い考察のうえに解説してくれる小川毅士先生のシリーズ。今回はシンプルにして究極の難関テーマである、ターンについて取り上げてみました。ターンといえば、初級者の頃に練習するテクニックですが、中級になり上級になっても、ターンで苦労している人は少なくないようです。トライアルを始めたばかりの人もそこそこ上級の皆さんも、もう一度ターンについて考えてみてください。毅士先生と一緒に考えれば、きっとなにか大きな発見があるにちがいありません。ターンのテクニックも多岐にわたりますが、今回は両足の荷重について、まずじっくり考えてみました。そしてアクセルワークやクラッチワーク、ターン中にどこに視点を置くかなど、ターンの基本的な考え方について考えてみます。ターンでは、内足荷重か外足荷重か、内・外さまざまな考え方があって悩んでしまいますが、そこにもずばっと答えを提示してくれています。

「加重」〜積極的にマシンに重さをかけるのが「加重」です。マシンのお荷物になっている荷重は卒業して、今日からは、加重!
トライアルでは「かじゅう」という表現がよく出てきます。これが「加重」なのか「荷重」なのか悩むところですが、このDVDでは「加重」を使っています。荷重とはアクションなしに重さをかけることで、荷台に乗っている荷物のような状態です。トライアルはからだを使ってマシンをコントロールするスポーツです。マシンのお荷物にならず、積極的にマシンをコントロールしてほしいという意味をこめて「加重」です。荷重から加重へ。みなさんも、お切り替えを。

CONTENTS
◎外足・内足・両足の加重を体験する
◎3種類のターンそれぞれの特長
◎クラッチを使ってゆっくりターンする
◎ターンの姿勢練習はとりあえずリヤブレーキ操作なしで
◎初めての方は棒立ち姿勢でスタートしてください
◎実は「ハンドル加重」があるのです
◎技量によってターンの加重方法は変化するべき
◎平地で8の字を描きながら3つの加重方法を練習する
◎マシンを傾ける角度について
◎ターンの先のステアケースへ向けて加速する場合
◎外足加重の実戦的なケース
◎視界と視点と内輪差

 

小川毅士の加重の使い分けで変わる快適ターン

収録32分

税抜 1,886円

 

小川毅士のサスの動かし方で変わるステアケースの掟

初心者の憧れ、ステアケーステクニック。テクニックへの造詣が深い小川毅士先生が、今回は初心者の皆さんにステアケーステクニックのいろはを教えてくれます。ステアケーステクニックとは、実はサスペンションを理解することなのだという新発見もあります。ステアケース初心者から、なんとなく登れてしまっている人にも、ゼッタイ役に立つお得なテクニック解説です。

マニアックな解説で、これまで何回か上級者向けのテクニックを解説してもらっていましたが、今回はぐーんと敷居を下げて、初心者のためのステアケーステクニックを解説していただきました。今回の教材は高さ50cmのステアケース。生まれて初めてステアケースに挑戦しようという人が、どんな組み立て方で、どんな考え方で練習していったらいいのか、ばっちり解説します。これまでのステアケース攻略法とちょっとちがう取り組みもありますから、今までの学習方法でうまくいかなかった人、あるいはうまくいっていると思っている人も、もう一度毅士先生の門下生になって学んでみてください。無口な印象の小川毅士先生。特にトライアルテクニックについては、しっかりしたことを伝えたくて、言葉を選んでいるというのが真相といいます。反面、解説が始まれば、その論理的かつ斬新な見方はトライアルライダーの中でも出色。いままで習ってきたテクニックとはちがう視点で、はたと膝を打つ教えに出会えるにちがいありません。

CONTENTS
◎ステアケースのための、新・フロントアップ考
◎予め重心を下げてフロントアップに備える場合
◎新・フロントサス操作の自己確認方法
◎目標物へ確実にフロントを乗せていく練習
◎基礎ステアケース2パターン
◎一度ぶかしで体の位置をチェック!
◎二度ぶかしの理屈
◎二度目のアクセルの時にやっていること
◎抜重には多種多様の方法があるので要注意
◎二度ぶかしを使いこなせることはトライアルライダーの証です

 

小川毅士のサスの動かし方で変わるステアケースの掟

収録53分

税抜 1,886円

 

 

DVD 小川毅士の前向きなバックを学ぶ

収録44分

税抜 1,886円

 

小川毅士の前向きなバックを学ぶ

マシンを止めて、バックする。現代のトライアルでは減点とされるテクニック。しかしトップライダーはみな、バックが上手です。スタンディングスティルも当たり前にぴたりと決めます。できないより、できたほうがいい。テクニックの幅、トライアルの幅が広がります。特にバックは、バランス感覚を養う上ではとっておきのテクニック。そしてこんな練習こそ、からだが小さかった毅士少年が精を出しておこなっていたトレーニングなのです。

バックのテクニックは、曲芸みたいに思われることが多い。ましていまは、セクショントライ中にバックしたら5点となる。やってはいけないテクニック、やると損するテクニック、バック。しかし5点になるというのと、その技術はないほうがいいというのはちがう。その証拠に、トップライダーでバックがまったくできない人なんていない。上手なライダーは、するするとバックする。それくらいのバランス感覚と、バックするための操作感覚を持っている。サンデーライダーであっても、その感覚を持つのは損なことではない。バックしかできないライダーになってしまうのは困りものだが、バックもするするできるライダーになれれば、それに越したことはない。あわせて、バックをするために必要なスタンディングスティルテクニック。世界選手権がノーストップルールとなった今、スタンディングスティルも敬遠されるテクニックとなりつつある。しかしあえて今、バックとスタンディングを練習する。その練習を積むことで、あなたのトライアルは確実に進歩する。押してもだめなら引いてみな。幅が広いトライアルを、身につけよう。

<CONTENTS>
◎スタンディングの基礎教室
◎ハンドルによるバランス修正
◎スタンディングしやすいポジション
◎より実戦的なスタンディングの考察
◎主にステップの踏み替えで斜面をバック
◎バック中のブレーキ操作
◎初歩的練習方法から
◎バックしながらのハンドル操作方法
◎サスペンションを使って平地でバックする方法
◎ジャックナイフを利用するバック
◎自転車トライアルのバック
◎バックにホッピングが有利な理由
◎後ろは見てますか?
◎セクションで利用するバック(ルール的にNGですが)
◎高等技・エビバック
◎あえてバックを練習する意味とは

 

DVD小川毅士のちょっと高度な万能マジックジャンプ

収録43分

税抜 1,886円

 

小川毅士のちょっと高度な万能マジックジャンプ

オートバイが宙に浮くマジックジャンプテクニックで、トライアルライディングは魔法的に飛躍する

ジャンプ台もなしで、オートバイが空中に。これはマジック以外にはありえない。トライアルは、魔法の技の連発ですが、その中でも、誰が見ても魔法らしくテクニックが、マジックジャンプではないでしょうか。しかしトライアルテクニックに、魔法はひとつもありません。ひとつひとつ技術を習得することで、魔法のテクニックもあなたのものに。いつものように、小川毅士先生のわかりやすい解説が光っています。

平らなところで、フロントタイヤが浮き、続いてリヤタイヤが浮いてくるのがマジックジャンプ。前輪が浮くのは理解できる人は多くても、リヤタイヤが浮くのがどうしてなのか、わからないひとは少なくないのではないだろうか。もちろん、そこには理屈があって、やりかたがある。きちんと方法論にのっとれば、マジックジャンプ克服は遠くない。マジックジャンプをするなら、まずフロントタイヤのあげ方からちがってくることを理解したい。フロントホップとリヤホップのそれぞれの技術を再確認して完成度を高め、ふたつの技術を合体させることで、より習得の早めることができるにちがいない。このテクニックは、デモンストレーションやショーで披露されることが多いが、それだけではない。いつものライディングのそこここにこのテクニックを活かすことで、トライアルライディングが、全体的に高度なものに進化する。

〈CONTENTS〉
◎マジックジャンプに適したウイリーの方法
◎フロントを落とす位置へ視線を向けておく
◎ヒザを曲げて踏みつけるようなフォーム
◎リヤを浮かすタイミングと感覚をつかむ
◎フロントタイヤをどおんくらい上げるか?
◎ホッピングのテクニックが必要不可欠
◎きっかけ石でタイミングを勉強してみよう
◎きっかけとアクションのタイミングを考える
◎緩やかな登り斜面の頂点をきっかけにする
◎そしてマジックジャンプの完成形へ
◎後輪を浮かす動作を遊びの中で見出そう
◎実はセクション内で多用しているのです
◎新世代マジックジャンプは前ブレーキを使う
◎新世代マジックジャンプが合理的な理由
◎伝統的SSDTも現代はマジックジャンプが必須

 

小川毅士の豪快ステアケース分析教室 挑戦!ウイリージャンプ

収録35分

税抜 1,886円

 

小川毅士の豪快ステアケース分析教室 挑戦!ウイリージャンプ

宙を飛び、大岩に挑み、そしてクリアする。トライアルテクニックの中でも、大技中の大技、ウイリージャンプ。初心者にはもちろん、熟練者にとってもなかなか手の出しにくいテクニックのひとつだ。しかし小川毅士先生の解説は、ウイリージャンプを解説しながら、トライアルに必要なエッセンスをいろいろと伝授してくれる。その結果、究極の大技、ウイリージャンプもマスターできる。夢の講義ここにあり

小川毅士自身も得意とする高等テクニックのひとつ。毅士選手自身がマスターしていった家庭を思い起こしながら、テクニック習得の道筋を示してくれます。からだで感覚を覚えるべき点、しっかり理解を深めていくべき点と、講義のテーマもコントラストがはっきりしていて、わかりやすいものになっています。万一の万一、ウイリージャンプがマスターできなかったとしても、そこに至る練習方法はきっとあなたを一回り大きなトライアルライダーに成長させていることでしょう。また全日本選手権や世界選手権など、高度なトライアル大会を観戦する際の、目のつけどころの勉強にもなります。千里の道も一歩から。この一本が、あなたのトライアルを大きく、深くすることを信じてお送りします。ウイリージャンプ、小川毅士先生のライダー心にしみわたる解説とともに、ぜひ挑戦してみてください。

 

<CONTENTS>
◎マシンを立ててリヤから当たる感覚をつかむ
◎ステアの近くから急上昇でフロントアップ
◎いつもの感覚以上の思い切りの良さで
◎後輪から当てる感覚習得、少し高い段差へ
◎マシンを垂直に立てて体をひきつける
◎ぶち込み型の習得がウイリージャンプの早道
◎きっかけを使ってぶち込んでみます
◎登った直後のリヤブレーキ操作
◎登った直のダニエルの必要性?
◎飛ぼうとせず、走らせるイメージで
◎飛び乗るようなジャンプは間違いです
◎ウイリージャンプが適するステアケースとは
◎きっかけ石を小さくしていこう
◎きっかけ石を小さくした時の注意点
◎踏み切ってマシンを上昇させるコツ
◎いよいよ、キッカケを外します
◎助走が登り斜面のウイリージャンプ
◎垂直で高いウイリージャンプを攻略する
◎全日本選手権でのウイリージャンプ比較考察

小川毅士の軽快!フロントホップ DVD

収録39分

税抜 1,886円

 

小川毅士の軽快!フロントホップ

前輪をポンポンと持ち上げて左右に振って、向きを変えバランスをとる。実はフロントホップは、リヤをホッピングするよりむずかしいという。ウイリーでもフ ロントアップでもない、フロントホップならではのテクニックと習得方法。子ども時代にこの技の習得に苦労してきた小川毅士が思い出をまじえて、これから習 得する人をご指導します。あなたのトライアルの、あなたなる第一歩に向けて、いざ!

リヤホップに比べてフロントホップがむずかしいというのは、そこに少々の体力が要求されるからだという。フロントホッピングで前輪を引き上げるのは、ス ピードやエンジンのパワーではなく、ライダーたる人間のアクションが中心となる。トライアルが他のモータースポーツに比べて、際立って人間の技術の差が結 果に現れるのは、テクニックのひとつひとつが人間に依存している部分が大きいからだ。技術に長けた人と勝負したい、打ち勝ちたいと思ったら、ひとつひとつ の技術を確実にマスターしていく必要がある。小学生だった小川毅士少年が、先輩たちのテクニックの数々にあこがれ、テクニックを習得し、強さを身につけて いったのと同じ道のりを、トライアル上達に精を出すみなさんも歩んでください。ターンが基本というトライアルの基本は今も昔も変わらないが、まずはあこが れのテクニックをマスターしたい気持ちを、大切に。

 

<CONTENTS>
◎フロントホップができない原因とは
◎ブレーキの使い方から始めましょう
◎きっかけ石を利用した練習方法
◎前輪を高い位置に上げた練習方法
◎腰を後方へ引きすぎないように
◎前後サスペンションの動きを知る
◎フロントアップとフロントホップは違います
◎アップとホップの違いを確認しておきましょう
◎フロントホップ動作の特徴
◎前輪の横移動をどうやって覚えるか
◎人力の練習では常時ブレーキを
◎重要なリヤブレーキとクラッチの操作タイミング
◎前輪を十分な高さへ上げる動作
◎フロントホップは頻繁に使っている
◎地形を利用したフロントホップ的攻略
◎体力の消耗を最小限にとどめる

小川毅士のリヤホップ絶対習得

収録35分

税抜 1,886円

 

小川毅士のリヤホップ絶対習得

近年、トライアルの基本であるターンのかわりに、前後輪をポンポンと振って向きを変えるテクニックが一般的になっている。ターンをするスペースがないと き、このテクニックがあれば簡単に進行方向が変えられる。こればかりやっていて基本的なターンができないライダーが多いという指摘もあるが、リヤホップは できたほうがいいテクニックにはちがいない。しかもこのテクニックは、できる人に言わせると、フロントホップよりも簡単で体力も使わないという。では体力 を使わずにリヤホップを習得する手だてとはなんだと、小川毅士先生に講義をお願いしました。毅士先生は、13歳にして国際B級を卒業した経歴あり。からだ の小さな毅士先生が、自身のリヤホップ習得を振り返りながら、これからリヤホップを覚えよう、やってみたいという人に、ていねいに教えてくれました。リヤ ホップをマスターして、後輪のコントロールの達人になろう

<CONTENTS>

◎キッカケ石を使ってリヤを浮かす
◎リヤが当たる感触を確かめてみよう
◎フロントブレーキのタイミング
◎後輪が当たる感触を探りながら
◎リヤサスをどう動かすかの考察
◎リヤを高くあげた状態で停止のリヤホップ
◎エンジンパワーを使う時の誤りがちな解釈
◎エンジンパワーを使うと楽に高く上がる
◎石を使いリヤホップをやてみます
◎振りたい方向へわざとバランスを崩しながら
◎リヤの振り幅の加減
◎後輪の着地点を目で見る
◎ターンの流れの中で石を利用するイメージ
◎リーンアウトのフォームからキッカケをつかむ
◎ハンドル操作について
◎セクション内の突起物を見つけて利用

小川毅士のウーポンでいくステアエース

収録30分

税抜 1,886円

 

小川毅士のウーポンでいくステアケース

トライアル探求士、小川毅士。全日本選手権で見る寡黙な印象から一転、理論的解説で世界の先進テクニックを解説する。ウーポン。それはマシンを岩に押し当 てた状態から、一気に岩の上にマシンを運ぶテクニック。技術に長けたライダーだけに許されるテクニックだが、今回は誰にでもできるよう、わかりやすく解説 してもらった。トップライダーがどんなテクニックを駆使しているのかを理解する手引きとしても意義深い。

ウーポンというテクニックは、けして簡単なものではない。小川毅士自身、できれば実戦では使いたくないというリスクのあるテクニックだ。しかしこのテク ニックをマスターすることで、よりテクニックの幅が広がる、テクニックの底上げができる。加えて、これを練習することで、通常のステアケーステクニックの 精度を向上させるというメリットもある。高度なテクニックだが、誰でもが取り組んでみる価値のあるテクニックだ。たとえ、自分でマスターすることがなくて も、毅士先生のテクニック解説を聞くことで、全日本選手権などの高度なトライアルの観戦をする際にも、そのテクニックが自分の目にしっかりうつるようにな る。細かい技が見えることで、よりトライアル観戦の質もスケールアップするはずだ。技のマスターは、頭で理解することから始まる。映像を見るだけで得られ るトライアルテクニックも、ある。

<CONTENTS>

◎ウーポン、どんな時に使うの?
◎ウーポンを修得する前に
◎ウーポンを止まらずにやってみる
◎止まらないウーポンは二度ぶかし型
◎フロントを「刺す」ステアケースがベース
◎ウーポンのための二度ぶかしは前輪位置が大事
◎フロントを当てる位置を探る
◎ウーポンのための二度ぶかしをマスターします
◎先生、ダニエルやってませんか?
◎ギヤの選び方
◎二度ぶかしでフロントを上げ始める場所
◎二度ぶかしでイメージする前輪の軌跡
◎意外に簡単なウーポン用スタンディング
◎そしてウーポンの基本形へ
◎リヤの飛ばし方をコントロール
◎自分自身のレベルアップのために
◎ウーポンを利用したリカバリー
 
藤波貴久のライディングレッスン

収録82分

税抜 2,762円

藤波貴久のライディングレッスン

2004年FIMトライアル世界チャンピオン、藤波貴久先生のトライアル入門。
かつて藤波自身がトライアルを学んだ道程をふり返りつつ、基本のテクニック、究極のテクニックについて、ていねいに解説してくれました。上手になれるという、自信のタネを、お届けします。


日本人唯一の世界チャンピオンが、トライアルの基本から世界の現場で使われているテクニックまで、自身の経験をふまえて、たっぷりじっくり解説してくれま す。ホッピングやダニエルも、基本のフロントアップの発展形。藤波先生の教えは、先生自身が小さな小学生ライダーだった頃に学んだトライアルの基本に立ち 返ります。あの時代のトライアルが、今どんな形で生きているのか、これからのトライアルに必要な者はなんなのか。世界チャンピオンを目指すジュニアライ ダーにも、なんのチャンピオンも目指さないサンデーライダーにも、藤波先生のアドバイスはきっとしみわたることでしょう。真摯にトライアルと取り組むウエ イトトレーニング風景から、トライアルフィールドでの実演レッスン。藤波貴久の住むスペイン、カタルニア地方で取材・撮影、フジガスワールドの息遣いを感 じて、明日からのトライアルシーンを、より元気に!

<CONTENTS>
◎FUJIGASの体力トレーニングを拝見させていただく
◎自転車からバイクへ。エンジンとの出会い
◎子供の頃、必然的にバックから覚えたこと
◎フロントアップの覚え方
◎リヤホップの練習
◎基本のターン
◎トライアルに役立てるウイリー
◎藤波貴久流ステアケースの基礎/2通りの後輪の飛ばし方
◎段差の向こう側の地形を見てステアケースの行き方を選ぶ
 前輪を沿わせていく、一度ぶかし
 基本は二度ぶかし
◎ダニエルは必要か?
◎すべては基礎テクニックの延長線上にある

 

 

DVD 小川友幸 セクション攻略の方程式

収録85分

税抜 1,886円

 

小川友幸 セクション攻略の方程式

全日本選手権3年連続チャンピオン、V5を達成した小川友幸選手によるトライアルテクニック解説DVD「セクション攻略の方程式」を2015年12月24日に発売いたしました。トライアル競技では走行ラインをどのように読むんでいくべきか、減点数を最小限に抑えるにはどうするか、具体的な方法を学んでいきましょう。

"セクション攻略"競技では1日に複数のセクションを走ります。一つ一つのセクションを丁寧に、大事に取り組むことで好成績が生まれ勝利への近道となります。今回は、実際のセクションを想定してみました。技術的にラインを選び組み立てていくほか、トライに際し、よい精神状態をつくり自分の技量を最大限発揮させることも重要です。たとえ失敗してしまったとしても落胆を後々まで引きずらないこと。自分の精神状態をコントロール方法なども合わせ、実戦的に学んでいきましょう

一つのセクションを題材にしました。テープ内を走るラインはNBクラス、ゲート規制はNA・IBクラスの設定です。下見から実際にセクションを走るまでの過程を小川友幸選手に解説してもらうと、センチ単位の走行ライン選びから、場所によるブリップの違いを予想したライディングポジション(フォーム)のとりかた等、教科書には出てこないようなテクニック論がたくさん出てきます。そしてセクションに入る直前の精神コントロール方法、ライバルとの駆け引き等、小川選手自身の経験談談も興味深い。DVD 85分の映像です。

CONTENTS
■セクションテープ内を走る〜NBレベル設定
◎セクションの把握と下見の基本
◎ステップが当たらないかチェックする
◎凸凹でも一つの斜面と見れば楽な場合
◎常に内輪差を意識しながら下見を
◎止まりすぎない。実戦は流れを大事にする
◎常に助走距離をかせぐラインを組立てる
◎岩の形状からマシンの挙動を予測する
◎下見で行き詰まったら元に戻り再チェック
◎ホッピングできない場合は足つきを有効に
◎フロントタイヤを落し込むと大きな失点
◎根の侵入角度、少しでも垂直に近い場所を狙う
◎木立にハンドルを当てず、かわして行く
◎ガラ場は後輪のラインを優先させる
◎前輪が段差を下る時にバランスが崩れる予測
◎サスの吸収にまかせるのが有利な小さな段差
◎複数の石を直線的にとらえるべき場合
◎ガラ場はスピードを落とし過ぎないように
◎「トライ中のラインのズレについてどう対処してますか?』
◎前のライダーの走りをしっかり観察する
◎タイヤのエアチェックを忘れずに
◎トライ前にエンジンをかけるタイミング
◎自分の精神状態をチェックする
◎ライバルとの精神的駆け引き
◎セクション走行中の精神コントロール
◎5点をとってしまった後の気持ちの整理

■カード規制あり〜NA / IBレベル設定
◎ガードを当てて行く時は正面から
◎見た目より楽に行けるラインを見つけ出す
◎ガードをかけやすい岩か? 形状を見極める
◎邪魔な石を有効に利用する発想もあり
◎後輪を飛ばすためアクセルをしっかり閉じる
◎前輪が刺さらない方法を技量に合わせて選ぶ
◎リヤを振るか振らないか、方法の選択
◎下り斜面はリヤを振りやすいので利用する
◎悔しい足着きをしても最後まであきらめない!

 

 

 

小川友幸の走破力アップ! ノーストップの極意 NO STOP

収録46分

税抜 1,886円

 

小川友幸の走破力アップ! ノーストップの極意

『ノーストップ』とはセクション内を止まらずに走ること。今回の小川友幸トライアル百科は『ノーストップ』に着目しました。世界選手権では2013年よりノーストップルールが採用され、セクション内での停止はその場で5点となっています。日本のルールが今後どうなるかは2015年現在未定ですが、ルールはともかくとして今回はトライアル全体の技術を底上げするための「ノーストップ技術」について学びます。これを機会にノーストップの練習方法、走り方を心得て、さらなる走破力アップを目指してください。

ノーストップ。どこまでも突き進んでいくかのような響きのいいことばでありますが、トライアルライダーにとっては、ちょっとでも止まった途端に5点になる、厳しいルールを思い浮かべて暗い気持ちになってしまうことばかもしれません。しかし、ノーストップライディングに背を向けていては、自分の上達にストップをかけることになります。上達こそはノーストップ。そこで小川友幸、ガッチ先生の登場です。セクション内で自由に止まれる技術を持っている人も、スタンディングスティルがうまくできない人も、流れるようにセクションを走る、ノーストップライディングを練習することで、今までとはちがったたくましい走破力を身につけられるにちがいありません。ノーストップライディングの心得には、ノーストップルールが採用されるされないとは別の次元の、トライアルライダー上達の秘訣が隠されているのです。

《CONTENTS》
◎常に「〜しながら」を意識する
◎思った時に「曲がる、止まる」重要性
◎ノーストップが楽なことを検証する
◎無意識にノーストップを使っています
◎走らせながら、次のアクションを考える
◎バイクを倒してターンできない人が多い
◎フローティングターンのアドバイス
◎ターンしながらのリヤホップ
◎段差とターンの組み合わせになると‥‥
◎予めブレーキを引きずっていくテクニック
◎滑らかな前後ホップを平地で練習
◎楽でリスクのない前後ホップの意識を
◎流れるように二段ステアを登る方法
◎連続段差は止まらない方が有利
◎ノーストップはレベルアップにつながる
◎実戦的ノーストップ走行の組み立て方
◎ライディング中の「目線と呼吸」
◎下りながらどこで呼吸をしているのか
◎集中とリラックスのメリハリをつける
◎目線の使い方で走りやすくなります
◎ノーストップ練習例
◎停止がセクションを難しくしてしまう例
◎ノーストップを理解すると応用がきく
◎不意に振られても修正できる技量を

 

 

DVD 小川友幸の伝える力と逃がす力 魔法のトラクションコントロール

収録47分

税抜 1,886円

 

小川友幸の伝える力と逃がす力 魔法のトラクションコントロール

初心者にとっての何回な課題、そしてもしかすると、世界のトップライダーにとっても永遠の課題となるのが、マシンのトラクションをいかにしてつかむか、です。小川友幸先生が、トラクションのなんたるかについて、またいかにしてトラクションを活かすライディングをしていくか、いつものようにていねいに解説してくれました。大地をつかむライディングを目指しましょう。

滑るところで後輪を滑らせてませんか? ステアケースで十分にスピードをつけいても、何故か跳ね返されてませんか? 登れない、失敗には必ず理由があります。失敗の理由を理解することで、解決策を見つけることができるのです。小川友幸が世界選手権参戦開始の頃にも気づいてなかったという、トラクションのノウハウを明かしてもらいました。

トラクション。英語の辞書をひくと、引っ張るとか牽引力とか出てきます。語源は「引くこと」というラテン語らしいですが、モータースポーツでは、もっぱら 駆動輪と路面との摩擦力のことを差します。エンジンにどんなパワーがあっても、このトラクションが貧弱であればその力は路面に伝わらず、トライもままなら ず前に進むこともできません。みなさんは、トラクションをしっかりつかめていますか? グリップの悪いところは滑るものだとあきらめていませんか? 坂道や段差を登れないのは、アクセルを開け足らないからだと思っていませんか? そんなトライアル知識を見つめなおして、トラクションテクニックについて基礎から学び直してみませんか。難セクションの攻略法から、なにげない発進まで、 トラクションのコントロール技術は、トライアルのありとあらゆるところに影響します。このDVDでトラクションを学んだ暁には、あなたのトライアルが激変 するかもしれません。

《CONTENTS》
◎トラクションを失わない加速タイミング
◎トラクションを得る体の位置
◎登りは2速か3速で
◎キャンバー走行の注意点
◎キャンバー走行のステップ加重は均等
◎もっと滑るキャンバーはどうするべきか
◎アクセルを戻す実演をします
◎オフキャンバーターンの場合
◎アクセルを開け足さずガマンする
◎登り斜面からの発進方法
◎チェーンがピーンと張るタイミングで
◎スタートでタイヤを「転がす」
◎着地の衝撃を利用するトラクション
◎究極のトラクションが「ダニエル」
◎トラクションの意識でステアが変わる
◎ステアに後輪が当たる手前が勝負
◎アクセル開け足しNG、二段ステア
◎二段ステアもマシンを「先に出してあげる」
◎瞬時に「チェーンを張った状態」へ!
◎クラッチでパワーを逃がすテクニック
◎飛び石でグリップさせて発進する時
◎自分のタイヤの痕跡をよく観察する
◎世界のOGAWAが悩んだトラクション
◎クラッチで逃がすことは次の準備になる
◎真直角の角をとらえるトラクション
◎ウイリージャンプのトラクション
◎2m越え大ステアは違う発想のトラクション

 

DVD 小川友幸の下りを極める

収録44分

税抜 1,886円

 

小川友幸の下りを極める

下りを制する者は登りをも制すとよく言われます。その一方、下りをきちんと練習して課題を克服しようという修業生は、意外に少ないのではないでしょうか。全日本でも絶好調の小川友幸ガッチ先生に、下り坂のマスターのしかたを、じっくり教えていただきました。なんとなく降りちゃってる人、下りがこわくてしょうがない人、しっかり学んで、華麗に下っていただきましょう。初めての人も怖がらず覚えられる方法、そして中級、上級者向けの高等技術まで解説してもらいました。

トライアルはたいてい少なからずの起伏のあるところで行います。だから登れば下る。これは自然の摂理です。しかし下りが得意だというライダーは、あんまり出会ったことがありません。下れて当然なのか苦手なのか、さてどちらでしょう? どちらにしても、ここでもう一度下りをお勉強してみましょう。下りが恐ろしい人は、なぜ恐ろしいのか。恐ろしい下りを克服するには、まずどこから始めればいいのか。そして少し上達していったら、どんな下りを勉強したらいいのか。理論抜群、技術も抜群、そして教え方もまた抜群のガッチ先生が、ていねいにしっかり教えてくれました。これでもうあなたも、坂のてっぺんで硬直してしまうことはなくなって、軽やかに華麗に坂の下まで舞い降りてこれることでしょう。坂を下りるのがこわいお弟子さんをお持ちのあなたも、ご一覧いただき、お弟子さんを幸せにしてあげてください。

CONTENTS
◎緩やかな斜面でブレーキ特性を体感
◎フロントブレーキの特性を探る
◎リヤブレーキの特性を探る
◎前後ブレーキを同時に操作
◎ステップに立って前後ブレーキ操作
◎体の位置をどこにもっていくのか
◎適正なフォームを確認する
◎エンジンブレーキは必要ない!?
◎路面状況に応じて加減する技術
◎アンダーガードが引っかかる段差
◎下りの途中に段差がある場合
◎下りながらの目線
◎もし下りの途中で止まったら
◎効率の良い下りの足の着き方
◎アンダーガードを当てずに下る方法
◎オーバーハングで高さのある下り
◎後輪を高く上げながら下る高度な技術
◎横移動で下る高等テクニック
◎2メートル以上の段差を下るためには

 

 

トライアル百科 小川友幸のホッピングとサスセッティングの基礎 

収録30分

税抜 1,886円

 

小川友幸のホッピングとサスセッティングの基礎


達人たちは簡単そうにマシンを跳ねさせる。簡単そうに見えても、実はとても難しい。ところがちょっとしたコツをつかめばマシンがリズミカルに浮くことに気 づきます。これがトライアルの基本的要素。サスペンションのセッティング基礎を知り、サスを積極的に動かすことで新しいトライアルの世界が見えてきます! ホッピングは、マシンを小刻みに移動させるのにも、その場で停止しているためにも、いろいろと活用できるテクニック。しかして、そのためにはまずスタン ディングスティルがばちっと決まらないととか、サスペンションが使えないと話にならないとか、テクニックを習得するまでの道のりが、なかなか長い。そして 途中で挫折する。若いライダーは簡単に習得してターンなどせず向きを変えていくのにとお嘆きの方、いらっしゃいませんか。たぶん、いっぱいいらっしゃると 思います。全国のお嘆きのみなさんの声をていねいに聞き集めてきた小川友幸選手、スタンディングができなくて、サスの使い方が分かんない人にも、ホッピン グの練習ができる道筋をつけてくれました。サスセッティングの心得も、必見。

<CONTENTS>
◎ホッピングにはいろいろな要素が詰まっている
◎サスペンションの反発力を利用する
◎サスペンションの動きに合わせて体を動かす
◎マシンを持ち上げるより、サスをしっかり縮める意識が大事
◎ステップに乗せる足の位置
◎サスペンションセッティングの基礎知識
◎セッティングがまったくわからないという人へ
◎タイヤの反力も重要な要素
◎ホッピングなどしない、というライダーのためのセッティング
◎セッティング変更の前に、元の位置をメモしておこう
◎まずは変更せず、自分のライディングスタイルを把握してみよう
◎サスペンションの前後バランス
◎からだの動きも前後均等に
◎ホッピングのしやすさかマシンの安定感か、セッティングの妙
◎ホッピングができない人の、サスのチェック方法
◎サスペンションの動きを体感することが大事
◎ホッピングの実用例
◎ホッピングはステップ操作の基本です

   
 


収録34分

税抜 1,886円

小川友幸のイチからの二度ぶかし


岩や丸太などの段差、いわゆるステアケースを越えるのに、トライアルの先生たちが最初に教えてくれるのが二度ぶかしテクニック。岩を越えるなら二度ぶか し。でも、ちゃーんと一から教えてもらえる機会ってあまりないのではないでしょうか。小川友幸先生のイチからの二度ぶかし講座をどうぞ!


二度ぶかしの二度は、アクセルを二度開けることから名づけられています。一度目のアクセルはフロントタイヤを持ち上げるために、二度目のアクセルはフロン トタイヤを岩にあてた(あるいは乗せた)状態から岩の上に乗るために。排気音を聞いていると、ブッ・ブォッと聞こえます。この音から、二度ぶかしという ネーミングになりました。この技をマスターするには、確実なフロントアップができている必要があります。フロントタイヤをしっかり上げられること。そして そのフロントアップが、コントロールできること。今回の講座では、フロントアップができるようになっているという前提で話が進めています。
ステアケースの基本テクニック、基礎的な「二度ぶかし」から現代トライアルに不可欠な「NEW二度ぶかし」へ。さぁ、しっかり教えてもらいましょう。



<CONTENTS>
◎フロントタイヤを適切な位置に当てる
 一回目のアクセル→フロントを段差の上へ
 二回目のアクセル→ステアの上へあがる
◎前後サスがフルボトムする位置を自ら作り出す
◎フロントタイヤが当たる時のフォーム
◎アクセル操作だけで二度ぶかしの練習
◎体の動かし方
◎アクセルワークと体の動きをぴったり合わせる
◎クラッチを使った二度ぶかし
 体の動き/ボティアクション
◎角のある段差を越える
◎NEW二度ぶかし
 山なりにフロントタイヤが移動するクラシック型
 すくい上げるようにフロントタイヤが上がる現代型
◎NEW二度ぶかしの有効性
 グリップが悪ければNEW二度ぶかし
 ひとつめふたつめに空間が開いている時もNEW二度ぶかし
◎方法を確認しながら、自分の引き出しを持とう

 
小川友幸のオフキャンバーターンを克服せよ

収録36分

税抜 1,886円

小川友幸のオフキャンバーターンを克服せよ

現代のトライアルテクニックでは、地味な存在に位置づけられているば、ターンは今も昔も究極にむずかしい。ターンに始まり、ターンに終わると言うひともいるほどだ。そのターンの、さらに究極にむずかしいのが、オフキャンバーターン。そこには、現代風の派手なトライアルテクニックは見られないが、アクセルワーク、クラッチワーク、体重移動など、ありとあらゆるトライアルテクニックが駆使されている。

オフキャンバーターンは、その名のとおり、斜めの地形を、下りるような姿 勢から入って上ってくるターンをいう。下りからターンに入るのも難しければ、ターンから上りにかかるシーンが、もっとも困難をきわめる。滑る。フロントタ イヤもリヤタイヤも、とにかく滑って、行く手を阻む。ガッチこと小川友幸先生は、オフキャンバーターンを理論的に、かつ実践的に解説してくれた。上級の、 なにがなんでもクリーンを狙いたい人にはクリーンを目指したテクニックを、オフキャンバーターンはどうしても無理という人には、まず、その苦手意識を克服 するための一歩を示してくれた。ターン上達に悩むあなたに、そしてもしかしたら、ホッピングでマシンを振っていくからターンは二の次でいいと考えているあ なたにも必見。

<CONTENTS>
◎オフキャンバーターンは上りはじめが難しい
◎アクセルはゆっくり開けていく
◎平地のターン、できてますか?(基本のターンのおさらい)
◎アクセルワークの流れと組み立て方
◎マシンをしっかり内側に傾けよう
◎ターンの前後は、休憩しやすいポジションで
◎「先にバイクを走らせる」テクニック
◎足をついて「先にバイクを走らせる」練習をしよう
◎ターン中はリヤブレーキを使わない
◎オフキャンバーターン、ギヤの選び方
◎ホッピングの前に、ターンあり
◎内輪差を考えた、後輪優先のラインどりが基本
◎視線の持っていきかた
◎さらに高度なオフキャンバーターンに挑戦
◎効率よい足のつき方
◎オフキャンバーターンの先にはカッコいい技が待っている

 

 


収録31分

税抜 1,886円

合わせ技世界一 小川友幸の芸術テクニック講座

名手小川友幸が、ときおり見せる華麗なテクニック。一瞬のうちに、岩から岩へ、テレポーションのごとく飛び移る。その芸術テクニック、みんなにもできるよう、特別に伝授して進ぜよう。

複雑に入り組んだ何段にも及ぶ障害物。小川友幸は、これをあたかもまっすぐな平らな道のごとく、走り抜ける。一段一段を攻略していくよりも、そのほうが簡 単だという。まっすぐな平らの道なのだから当然だ。しかし現実には、そこは段々の障害物なのだ。それがどうして平らな道になるのか、そこに、小川友幸のテ クニックがある。「合わせ技」。地形と、一瞬のタイミングに合わせて、そのテクニックは発揮される。


合わせ技。世界選手権全戦を転戦していた当時に見せる小川友幸のそのテクニックは、世界のトライアル界の目を奪う、的確で美しい者だった。目にも止まらぬ うちに、むずかしいポイントをするりと駆け抜けていってしまう小川友幸。いつしか小川は、合わせ技世界一との称号を与えられるようになった。そのテクニッ クは、トップライダーが特別な場面で使う、特殊なテクニックというわけではない。マスターすれば、これまでひとつひとつ神経を使って走り抜けていたポイン トを、滑るように一気に走り抜けることができる。小川友幸先生の解説でこのテクニックを勉強すれば、次にトップライダーの走りを観戦するチャンスが訪れた とき、目の前で何が起きているのかが、今よりずっと理解できるようにも、なるだろう。

CONTENTS
◎合わせ技の基本を学ぶ
◎簡単!? 合わせ技ができれば簡単に行けるのです
◎角から角へ。線で結ぶ直線的な走り方である
◎前後サスペンションが同時に沈むのが合わせ技
◎少しでもアクセルを開けるタイミングが遅いとダメです
◎動作を先行させて、ピタリと角に合わせて行く
◎合わせ技のボディーアクション
◎アクセルとクラッチの使い方
◎合わせ技はとても応用範囲が広く、かつ楽に走れる
◎アクセルとクラッチ動作は素早く
◎アクセルとクラッチの操作感覚を、平地で練習してみよう
◎応用編/その1
◎応用編/その2
◎「前輪コントロール」と「早めのアクセルワーク」
◎応用編/その3
◎応用編/その4

 

 

黒山健一のフローティングターン

 

収録22分

税抜 1,886円

黒山健一のフローティングターン

いぶし銀テクニックナンバーワン
華麗に決めれば、一人前
第一印象は地味かもしれないけど、奥が深くて使い道満点。トライアル創世記から現代までの憧れの技を、徹底解説です。かつてミック・アンドリュースが初めて日本で披露したスーパーテクニック。現代トライアルの大御所、黒山健一が、伝統のテクニックを伝授しましょう!

サーカス並のスーパーテクニックが目白押しとなっている現代、常人切磋琢磨するにはちょっと次元がちがいすぎている感じもなきにしもあらず。そんな中、フローティグターンは30年前から日本のトライアルライダーが習得に励んできたテクニック。いわば、古典的な憧れテクニックです。昔ながらのテクニックとあなどるなかれ。トライアルの基本であるターンやフロントリフトが高度なレベルで要求される伝統的なスーパーテクニックです。あなたが仮にロートルライダーであっても、きちんと習得に励めばマスターできるところがうれしい。しかししかし、生半可な知識と練習方法ではなかなか決まらないのもフローティングターン。黒山健一先生にしっかり教えてもらって、フローティグターンを華麗に決めるように慣れれば、あなたも一人前のトライアル職人としてデビューできます。トライアルに詳しい人ほど、あなたの華麗なテクニックに「おぉっ」と感動してくれるにちがいありません。

CONTENTS
1、フローティグターン二つの方法
2、斜面を使うフローティングターン
3、ターンの延長線
4、障害物を利用するフローティングターン
5、フロントタイヤの当て方
6、フロントアップの使い/分け
7、フロントは高すぎず低すぎず
8、内側ステップ荷重について
9、左フローティングターンで復習

フロティングターンとは?
狭い岩場のターンなどで、前輪を通すと後輪の居場所がなくなり、後輪を優先させると前輪の通る場所がないという場面は少なくないはず。こんなとき、前輪を岩から岩に浮遊させて、後輪を理想ラインに乗せてターンするのがフローティングターン

 

黒山健一のジャックナイフ

収録37分

税抜 1,886円

黒山健一のジャックナイフ

ほんの20年ちょっと前まで、トライアルのトップクラスといえども、ジャンプ台でもない限り、後輪が宙に浮くなんてのは夢物語でもなく考えも及ばないことだった。それが今や、後輪が浮くのはあたまりまえ。高いも低いも自由自在、宙に浮かせた後輪をぴたりと思ったところに落とすのも自由自在。こんなテクニック、あなたもやってみたいと思いませんか。黒山健一が、お教えします。

後輪を浮かせるということは、前転しそうな恐怖があります。誰だって怖いのは怖い。だから黒山先生は、なるべくこわくなくて、簡単な方法でジャックナイフを会得する方法を提供してくれました。きっかけがつかめてしまえば、あとはじゃんじゃんからだで覚えるが勝ち。基本を学んで、しっかりと訓練。どんなトライアルテクニックでもいっしょだけど、黒山流だと、うきうき楽しいから不思議。

 

CONTENTS
1、下り坂で練習しよう!
2、もし前回りしそうになったら!
3、ジャックナイフターンの基礎その1
4、ジャックナイフターンの基礎その2
5、ジャックナイフ2パターン使い分け方法
6、平地のジャックナイフ/きっかけ石を使う
7、サスペンション縮めて。その反発を利用する
8、平地のジャックナイフ/きっかけなし
9、黒山健一・トラブルシューティング
10、極意!クラッチとアクセル活用
12、究極美技、ハイスピードジャックナイフターン

ジャックナイフとは!?
前輪を持ち上げるウイリーとは反対に、後輪を持ち上げるテクニックがジャックナイフ。といっても、これもよくあるテクニックの名前と一緒で、実は日本語。ジャックナイフは折りたたみ式のナイフのことで、ジャックナイフしている様が、この折りたたみナイフに似ていることから、いつの頃からかこう呼ばれたもの。英国圏の人はテクニックに名前をつける習慣がなくて、このテクニックはリヤホイールウイリー、なんて呼ばれている。

 

黒山健一のステアケース

収録45分

税抜 1,886円

黒山健一のステアケース

黒山健一が語る「ステアケースの基礎」
トライアルを始めたら、まず超えたくなるのはステアケース(段差越え)! 複雑で難しいテクニックですが、パターンさえ知ってしまえば、すべては応用。ステアケースの基礎を解明してくれます。
 

ステアケースはトライアルテクニックの華。高い段差に登れれば、トライアルライダーとして一人前。ステアケースを華麗に登るには、どんなところに気をつけて、なにを練習したらいいんだろう。7回の全日本チャンピオン黒山健一が伝授します。自分のマシンとトライアルを愛する心。それからフロントをあげるテクニックを持って、トライアル場に集合! 黒山健一先生のコーチのおかげで、あなたもきっと、一人前のトライアルライダーになって、ステアケース攻略に成功するでしょう。ステアケースは、行く気とスピードと、やっぱりテクニック、です。

CONTENTS
1、ステアケースには、いろんな行き方がある。
2、基本中の基本は、二度吹かし型
3、一度か二度吹かし/フロント当てる当てない、の組み合わせを覚える
4、一度吹かし/フロント当てる
5、二度吹かしのシーソー型
6、一度吹かしのシーソー型
7、ウイリージャンプ
8、なぜ後輪が浮くのか?
9、マジッックジャンプの要領
10、知ってると得?マニアック技
 二度吹かし フロント当てない 後輪浮かない(リカバリーテクニック)
 二度吹かし フロント当てない 後輪浮く(岩飛びからステアへ連続技)

ステアケースとは!?
そそり立つ段差。岩だったりコンクリートだったり丸太だったり、材質はいろいろですが、全部をひっくるめて、日本語では段差のことをステアケースといいます。実はステアケースは、英語では階段。英語で段差のことはステップといいますが、なぜか日本ではステアケースで通っています。

 

黒山健一のダニエル

収録26分

税抜 1,886円

黒山健一のダニエル

あっと驚く、ケンイチクロヤマワールド!
トライアル国際A級スーパークラス ナンバー1ライダー黒山健一先生が、ダニエルの優位性とリスクをふまえた習得方法をスコルパTYS−125を使って丁寧に解説しています。あこがれの超スーパーテクニック、ダニエル実現を段階を追って説明しています。

 近代トライアルテクニックの要となりつつある“ダニエル”テックニック。この最新のテクニックを黒山健一が独特の話術にのせて、世のトライアルファンに伝授します。まず、最初に必要なのはなんなのか、練習方法はどうするのか、ダニエルって、どんな理屈でやっているかなど、素朴な疑問から高度な技術解説まで、ダニエルを習得してみたいと思っている人の為の黒山健一の特別講座。

CONTENTS
1、誰にも言っちゃダメですよ。僕も秘密の特訓中なんですぅ!
2、ダニエルの優位性とリスク
3、ダニエルのこと始め/ウイリージャンプから始めよう
4、フロントの高さが大きなカギ
5、ダニエル中のライディングポジション
6、各部操作方法とパッパッパッ!のタイミング
7、事例研究 CASE STUDY
8、ダニエルとバランス修正の違い
9、左右のバランス修正

ダニエルとは!?
フロントを浮かしたまま、後輪だけでホッピングするテクニック。狭い場所で方向転換でき、高い後輪のグリップ力を得られ、これま
で実現できなかった場所をそうはすることができる、近未来テクニック。

伊藤家のトライアル 入門編スタンディング道場

収録32分

税抜 3,239円

 

伊藤家のトライアル 入門編 スタンディング道場

トライアルの基本といわれているのが、スタンディングスティル。車輪がふたつしかないオートバイに乗って、ぴたりと立たせる芸当。これができると、トライ アルをやってるぞという気分にひたれます。トライアルをやってるなーと尊敬されたりするかもしれません。でも、誰からもほめてもらえなかったとしても、ス タンディングスティルが決まれば、これからのトライアルのバランス感覚、変わります。

ぴたりと止まって動かないスタンディングスティル。これができなきゃトライアルができないってわけではないけれど、実はこれができると、バランスについ て、今まで見えなかったいろいろの発見があります。バランスの競技ともいえるトライアル。その、もっともバランスをとるのがむずかしいのが、オートバイが 止まっているとき。このときにぴたりとバランスがとれるようになれば、動いているときにバランスをとるのは、うんと簡単になるというものです(いやまぁ、 実際にはもうちょっとむずかしいこともありますが)。バランスをとる方法は、いくつかあります。ここでは、誰でも簡単にできる方法を提示します。これな ら、オートバイに乗ったことがない初心者でも簡単。30分あれば、初心者がなんとか立ち上がってバランスをとるところまでこぎつけます。勘がよければ、手 放しで立ってられるようになるかもしれない。そこまでいけば、トライアルライダーへの道はぐっと開けます。上手なキックスタートの方法も教えちゃいます。

<伊藤敦志プロフィール>
トライアル創世記からのトップライダーにして、遅咲きの努力型全日本チャンピオン。ヤマハ契約ライダーとして1987、88、90年と3回の全日本タイト ルを獲得している。論理的、科学的なライディング分析は天下一品で、その分析から、誰にでも習得可能なメニューがあみだされた。愛知県豊田市で、トライア ルショップ「エクセル」を営みつつ、トライアル大会の主催など、トライアルの普及と後進の育成に努めている。

 

伊藤家のフロントアップ道場 DVD

収録45分

税抜 3,239円

 

伊藤家のトライアル  フロントアップ道場

さぁ、お待ちかね。伊藤家のトライアル教室。今回のテーマはズバリフロントアップ。今トライアルをやっている(かじっている)皆さんの中には、フロントが ちっとも上がらない人も、なんとなく上がっている人もいると思います。それでもトライアルは楽しいから、まぁいいやと思っておいでじゃないですか? フロントアップがきちんとできるようになると、トライアルは、うんと変わります。その別世界を味わっていただきたくて作り上げられたのが、この教室です。 フロントが上がらない人はもちろん、上がっている人も、もう一度この教室でお勉強しなおしてみてください。きっと、お役に立ちます。

フロントアップは、アクセルとクラッチとボディアクションの複合技です。複合技をいっぺんに覚えようとすると、混乱します。できる人とできない人がわかれ ちゃうのは、このへんです。今回は、複合技をすべてばらばらにときほぐして、ひとつひとつ習得していくことにしました。ひとつひとつの技術を確実に覚えて いくことで、最後に技術を合体すれば、それでフロントアップは完成です。フロントアップの練習中にまくれて痛い思いをするのが心配な人のために、また確実 なボディアクションを覚えていただくために、今回のDVDにはフロントアップ習得用伊藤敦志氏謹製「アクセルストッパー」を添付いたしました。今回のメ ニュー、骨の髄までしゃぶって、新しいトライアルの世界を開いてください。

 

ミック・アンドリュース トライアルス・チャンピオン DVD

収録42分

税抜 3,239円

 

スコミック・アンドリュース トライアルス・チャンピオン

貴重な映像が発掘されました。1973年。ヤマハが満を持して夢のトライアルマシンTY250を登場させました。デビューの舞台は、スコティッシュ6日間 トライアル。ニューマシンを走らせるは、魔術師ミック・アンドリュースです。これは、ヤマハの制作による、ニューマシンデビュー戦のドキュメントでもあり ます。

映像には、ミックがトライアルテクニックや携行工具を解説するシーンもあります。30年以上前のトライアルは、はたしてどんな香りを醸していたのか、この映像は、そんな昔日に思いをはせるにも、よい素材です。

当時、マシンの覇権はイギリスからスペインに渡っていましたが、ライダーはまだまだイギリス人健在。映像にも、ミックのライバルとして、若き日のマーチ ン・ランプキンやマルコム・ラスメルが登場します。ご存知、マーチンは7回の世界チャンピオンドギー・ランプキンの実父であり、ラスメルはグラハム・ ジャービスの義父として、今も世界選手権トライアルの舞台で活躍中です。

SSDTに興味のある人は、30年前のSSDTがどんな雰囲気でおこなわれていたのかを知るための史料としても、ぜひご覧ください。変化したところ、まっ たく変わっていないところ、映像からは、いろいろなものが伝わってきます。映像中には、バイアルスTL125をデビューさせた3人の日本人の姿も登場しま す。

SSDTのあと、ミックとヤマハチームはイタリアの世界選手権に出場。SSDTとは趣を異にする世界選手権での戦いも、今となっては貴重な思い出です。

◎この映像は、ヤマハ発動機株式会社がTY250Jの発売を機に制作したプロモーション映像です。今回、ご好意でこの映像を皆様にお届けすることができました。なお売り上げの利益の一部をトライアル・デ・ナシオン派遣のための資金に提供させていただきます。

スコットトライアル

収録47分

税抜 2,477円

スコットトライアル

イギリスに伝統的オフロードイベントがある。ひとつは、100年の歴史を持つSSDT。そしてもうひとつが、この「スコットトライアル」だ。スコティッ シュとスコット、よく似た名前だが、その意味はまったくちがう。イギリスのトライアルの伝統がもつ重み。このイベントに、その答えの一端がある。

スコットトライアルは、イギリスのモーターサイクルメーカー、スコットの名に由来するオフロードイベント。その成り立ちは他のモーターサイクルイベントと 同様、マシンの信頼性を証明すべく、荒野を走りきれるかどうかを競うイベントとして誕生した。今、スコットトライアルは他のどのトライアル競技よりも厳し く、ストイックとされている。タイムペナルティが厳しく設定され、早く走りきったものが優位に立つ。しかし同時に、セクションはセクション。通常の減点も 加味される。念入りに下見をしているヒマなどない。されどまったく事前のチェックなしにセクションに飛び込むのは無謀な挑戦だ。コースもセクションも、ス ムーズにスマートに。イギリスのトライアルライダーが持つ走破力と紳士らしいふるまいは、存外こんなイベントに参加しているから生まれてくることなのかも しれない。



 

ISDT エンデューロ・クラシック

収録120分

税抜 4,500円

 

エンデューロ・クラシック

現在から遡ること56年前(西暦1950年代)のISDE(インターナショナル・シックスデー・エンデューロ)を中心に、BSA・トライアンフ・ノートンが走る、とても貴重な映像
往年ライダー、クラシックバイクマニア以外にも「是非見たい!」と思う方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

 
↑このページ最上部へ